Home » ArishimaTakeohakoredakeyome by Arishima Takeo
ArishimaTakeohakoredakeyome Arishima Takeo

ArishimaTakeohakoredakeyome

Arishima Takeo

Published August 30th 2013
ISBN :
Kindle Edition
795 pages
Enter the sum

 About the Book 

有島武郎について有島武郎は一八七八年、東京に生まれました。東北帝大農科大学で教鞭を執りますが、一九一〇年「白樺」に同人として参加します。そこで「かんかん虫」「或る女のグリンプス(後に「或る女」に改題)」などを発表します。一九一六年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入ります。「或る女」「カインの末裔」「生れ出づる悩み」などが代表作として知られています。一九二三年六月九日、人妻であった中央公論社『婦人公論』More有島武郎について 有島武郎は一八七八年、東京に生まれました。東北帝大農科大学で教鞭を執りますが、一九一〇年「白樺」に同人として参加します。そこで「かんかん虫」「或る女のグリンプス(後に「或る女」に改題)」などを発表します。 一九一六年、結核を病んでいた妻が死に、さらに父が亡くなったことから教鞭を辞し、本格的に文学生活に入ります。 「或る女」「カインの末裔」「生れ出づる悩み」などが代表作として知られています。 一九二三年六月九日、人妻であった中央公論社『婦人公論』記者の波多野秋子と軽井沢の別荘浄月庵にて心中自殺しました。 なお、「生れ出づる悩み」のモデルとなった木田金次郎は、その後画家となり多くのすばらしい作品を残しました。一般にはそれほど知られた存在ではありませんが、一度その絵を見てみる事をお勧めします。「山ハ絵ノ具ヲドッシリ付ケテ、山ガ地上カラ空ヘモレアガッテイルヨウニカイテミタイ」‥‥山が地上から空にもれあがる‥‥それはすばらしい自然への肉迫を表現した言葉だ。言葉の中にしみ渡ったこの力は、軽く対象を見て過ごす微温な心の、まねにも生み出し得ない調子を持った言葉だ